一時は自殺も考えた吃音当事者の私。吃音外来で前向きになれたワケ - HAPPY FOX

一時は自殺も考えた吃音当事者の私。吃音外来で前向きになれたワケ

  1. プラス思考
  2. 627 view

この記事は約4分で読むことができます。

私は吃音当事者の塙貴宏と申します。幼いころから吃音でいじめや辛い体験をして一時は死を意識した私が、吃音外来の受診を経て、前向きに生きられるようになったことについてお話していきます。

小学校時代、当たり前かのように吃音について差別されていた。

小学校時代、当たり前かのように吃音について差別されていた。

言葉がおかしいと思い始めたのは、小学校低学年の頃でした。

皆と同じように話したくても、最初の言葉が伸びてしまったり、同じ言葉を何度も繰り返したりしていました。

しかし、なぜそうなるのか原因が分かりませんでした。

子供ながらに自分で治そうともしましたが、当時は身体のどこが原因で吃音が出ているのか分からなかったため、治るはずがありませんでした。

吃音が原因で、クラスに真似されただけではなく、その当時関わっていた先生方の中にも私の真似をしたり鼻で笑ったり、嘲笑ったりしている人がいました。

当時は当たり前かのように吃音について差別されていて、黒人差別や昨今ならコロナ差別に匹敵する仕打ちを受けていたと思います。

「その吃りを治せ!」上司や周りから頭を叩かれ続けた。

 「その吃りを治せ!」と上司からも周りからも頭を叩かれ続けた。

両親は、私が障害を持っているということに全く向き合おうとせず、モラルハラスメントに近い態度を取られました。今でいう毒親です。

しかし、祖父と祖母はきちんと向き合って私を育ててくれました。当時のことを振り返ると、祖父母には本当に感謝しかありません。

吃音について周りからの冷たい対応は社会人になっても続きました。

最初の飲食店の就職で「その吃りを治せ!」と上司や周りから頭を叩かれ続け、精神的に追い込まれました。

最後には、責任を取るために青木ケ原樹海で首を吊ろうとして失敗しました。当時20歳のことでした。

その後、スーパーで魚を切る仕事につきました。

その職場では、吃音はあまり指摘されることなく働けていました。しかし、そのスーパーは働き始めて数年後に倒産 してしまいました。

その後、上京して市川市二俣の物流倉庫で働き始めました。

【PR】

しかし、その会社の5ちゃんの書き込みにて私の吃音をひたすら真似され、誹謗中傷を山程書かれました。さらに当時の上司からも吃音について指摘をされたので、思い切ってネットで調べた精神科心療内科を受診することを決めました。

吃音外来で、生まれて初めて吃音を理解してくれる人に出会えた。

吃音外来で、生まれて初めて吃音を理解してくれる人に出会えた。

病院に行って分かったことがありました。

吃音は声帯に異常があるのではなく、脳の一部が正常に機能していないために出ているということです。

その説明を聞いて、原因がはっきりと分かりました。

「今の時代では完治させることは不可能である」とも言われました。

生まれて初めて吃音を理解してくれる人に出会えたので、当時は大変嬉しかった記憶があります。

7年近く薬での治療を続け副作用や後遺症も出ましたが、7割ほど改善ができ3割は死ぬまで付き合っていくのかなと腹を括りました。

どんな障害を持っていても、社会で生きていくことができる。

どんな障害を持っていても、社会で生きていくことができる。

今現在、私は言語障害者として社会で働いて生きています。

人生というものは面白いもので、障害者だからといって不幸になるとは限りません。

そして、自分の考え方や選択、行動力次第で良い方向に進むことができると思います。これも、障害を持っているからこそ言える体験なのかなと思います。

もしも障害が全くなかったら、きっと私は何に対しても文句ばかり言っている人間に成り下がっていたでしょう。

吃音の治療法の研究はまだ始まったばかりです。50年後、100年後に完治する方法が見つかれば私はそれでいいと思っています。

吃音で苦しんでいる子供たちに言えることは「一度吃音外来を活用して見てもらおう」「追い込まれても命は絶たないで」「理解してくれる人が必ずいます、前に進んでほしい」ということです。

どんな障害を持っていても、社会で生きていくことができます。

生き続けよう!!(塙 貴宏)

一般会員(無料)に参加して
吃音克服の体験談プレゼント

    迷惑メール対策により、フリーメールや携帯電話のメールアドレスには当サイトからのメールが届かない場合がございます。 info@npo-scw.orgからのメールを受信できるよう受信許可設定をお願いいたします。

    日本吃音協会(SCW)

    吃音への認知・理解はいまだに不足しており、 吃音を持つ人のなかには
    「自分の人生は素晴らしい。幸せだ。」 と思えない人も少なくありません。
    私たちは、SCW (Stuttering Change The World =吃音が世界を変える)を
    活動スローガンとしてその輪を広げることで、言葉の病気に対しての理解が不足している 社会を変え、吃音を持つ仲間が 幸せに生きることができる 社会をつくっていきます。
    *当事業の売上はすべて吃音啓発活動や社会貢献活動に使われます。

    記事一覧

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。