【吃音対処法】吃音があって音読が辛いあなたに教えたい!私が見つけた音読のコツ - HAPPY FOX

【吃音対処法】吃音があって音読が辛いあなたに教えたい!私が見つけた音読のコツ

  1. プラス思考
  2. 254 view

この記事は約4分で読むことができます。

吃音を抱えている人の中には音読が苦手な方も多いと思います。私もそんな吃音当事者の1人でした。今回は音読が苦手だった私が見つけた音読のコツを紹介します。

吃音者にとって音読は、大きなイベント行事に相当するくらいストレスがかかる。

吃音者にとって音読は、大きなイベント行事に相当するくらいストレスがかかる。
写真はイメージです。

学生時代、私が苦手だったことは音読です。

小学生の時から、ずっと苦手でしたが中学生までは何とか吃音を隠して乗り越えました。

そのため、高校生になっても何とか乗り越えれるだろうと思っていました。

しかし、現実はそんなに甘くないことを知り、その衝撃は社会人になった今でも鮮明に記憶に残っています。

一般的に音読といえば国語の時間を想像する人が多いかもしれません。

しかし、私の高校では国語をはじめ社会、歴史、化学、生物でも音読をする機会がありました。

吃音者にとって音読は、大きなイベント行事に相当するくらいストレスになるのではないかと私自身ずっと思い続けています。

音読がある日は学校へ行くことが憂鬱だった。

音読がある日は学校へ行くことが憂鬱だった。
写真はイメージです。

私がかつて通っていた学校の歴史の授業は、毎回クラスの全員が歴史の教科書を順番に読むことになっていました。

歴史の授業は週に2回、火曜日と金曜日にありました。その日は朝から憂鬱で学校への足取りが重かったです。

実際は自転車通学だったので、スイスイとペダルを漕いでいましたが。

冗談はさておき、私はいつも音読をする時に、必ず行うことがありました。恐らく、皆さんもしていることではないかと思いますが、自分の読むところを確認することです。

最初の部分を読んだ人を確認し、そこから自分の席までの順番を数えて、自分が読む部分を確認します。そして、小声で読んでみて、言いづらそうな言葉や吃りそうな言葉を探し出します。言いづらい、吃りそうな言葉をいかに吃らずに言えるかを考えます。

私が読むまで残り5人くらいになると、心臓の鼓動音が聞こえるくらい心臓がバクバク鳴り出し、平然を装いながらも内心はクラスの中で1番緊張していたと思います。

そして、残り4人、3人と順番が近づいてくると、読んでいる人の声が耳に入ってこなくなります。

【PR】

自分の読む部分ばかりを見て「吃るな吃るな、普通に読め、落ち着け」と自分に言い聞かせていました。

しかし、残り1人になると緊張してアドレナリンが出ていたのか分かりませんが「読めるでしょ」「なるようになる」「すぐ終わる」と気持ちが変わりました。

私に順番が回ってくると、言いづらい言葉を前の言葉と繋げて読むことで、吃ることなく私の番は終わりました。

終わった直後は、緊張からの解放で嬉しいの一言でした。

しかし、時間が経つにつれて「しっかり読めばよかった」「自分って情けない」と自己嫌悪の気持ちが湧いてきました。

音読1つで、なぜあんなにも緊張していたんだろうと馬鹿馬鹿しく思う気持ちもあり、複雑な気持ちになりました。

こんな経験を、他の授業でも幾度となく味わってきました。

吃音というだけで、なぜこんなにも苦しまないといけないのかと考えることもありました。しかし、考え続けてもそこに答えはないと自分の中で腑に落とし込みました。

音読が苦手だった私が実践していた音読のコツ

音読が苦手だった私が実践していた音読のコツ
写真はイメージです。

音読の際に、私がよく使っていた方法をご紹介します。

漢字で詰まった場合は、読めないフリをしました。そして、周りの人が言ってくれた言葉をオウム返しすると言うことができました。

また、強弱をつけて読むと吃音が出にくかったです。一定のリズムよりも強弱をつけたほうが吃りにくかったので、私はその方法をよく使っていました。

今では吃音症があっても、今の自分に何ができるのだろうかということを考えて生活をしています。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

私の体験談や考え方が少しでもあなたのお役に立てればと思います。

次回の記事でお会いしましょう!

一般会員(無料)に参加して
吃音克服の体験談プレゼント

    迷惑メール対策により、フリーメールや携帯電話のメールアドレスには当サイトからのメールが届かない場合がございます。 info@npo-scw.orgからのメールを受信できるよう受信許可設定をお願いいたします。

    Yuu

    Yuu

    大阪出身。小学生のときに吃音が出始めました。大人になった今でも吃音がありますが、自分なりに向き合ってきました。主に人生で起こった吃音に関わる出来事を執筆しています。

    記事一覧

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。