【J.Kさん/20代】マーケティング職として活躍中! - HAPPY FOX

【J.Kさん/20代】マーケティング職として活躍中!

  1. 仕事インタビュー
  2. 57 view

この記事では、NPO法人日本吃音協会(SCW)をサポートして頂いている吃音当事者で、社会で活躍している方の仕事インタビューを掲載しています。

今、吃音で悩んでいる方に少しでも自分の可能性を感じられるきっかけになっていただけたら幸いです。

【自己紹介】

  • お名前:J.Kさん
  • 年齢:20代
  • 職業:マーケティング職(担当ブランドのプロモーション設計、実行)
  • 1日の勤務時間:8:30〜17:10

仕事についかきっかけ、始めたばかりのころの様子を教えてください。

新卒で広告代理店に就職し、その後メーカー側でマーケティング戦略の全体を経験したいと思い、現職に転職。転職当初は企業規模や業務内容の違いに戸惑うこともありました。

その仕事のやりがい/大変なところを教えてください。

やりがいは、自身が担当した施策に対する生活者の方々のリアクションが見れるところ。 大変なところは、社内や社外のステークホルダーが多く、物事を前に進めるための調整が必要なこと。

あなたの働く職場では、吃音に対する理解はありますか?

転職後、直属の上司には自身が吃音であることを伝えたところ、個性であると受け入れてもらえた。その他の同僚や先輩方も、会議中に吃ることがあっても特に指摘をしてくることは無く、理解のある職場だと思います。

働く中で、吃音で苦労したこと(吃音がハンデになったこと等)はありますか?

プレゼンテーションの時に吃音の症状が出てしまい、スムーズに話せなかったことがある。 また、日常のミーティングや会話の中でも、吃りを回避するために咄嗟に言葉の言い換えをしてしまい、本来伝えたい意図が伝わりづらいときがあります。

【PR】

SCWに関わったきっかけを教えてください。

自身が学生のときに誰にも相談できず、吃音に悩んでいたこともあり、吃音に対する社会の認知や理解を変えていくことでこれからの子供達が自身の吃音に対して受け入れることができるようにしたいと思い、参加しました。

Group of cute children lying on grass

SCWを通じてやりたいことがあれば教えてください。

  • 吃音に対する世間の意識調査
  • 行政や教育関係者との協業

SCWと関わって感じたビフォーアフターがあれば教えてください。

吃音当事者の仲間がたくさんいるという安心感。吃音があっても前向きに頑張っているメンバーから刺激を受けています。

Portrait beautiful young asian women happy smile relax around sea beach ocean at sunrise or sunset time

仕事人から読者へメッセージをお願いします。

就活を控えている方へ 吃音の当事者の方にとっては、面接は何日も前から緊張してしまうほどストレスを感じてしまうと思います。(特に集団面接は周りに圧倒されてしまいますよね…!)

もし就活の中で、話している最中に話し方に対して面接官から怪訝な表情をされてしまったり、口に出して指摘してくるような会社と出会ってしまった場合は、自分の心を守るために身を引いた方が良いと思います。

世の中には本当に素敵な会社がたくさんあります。話し方よりも、あなた自身の価値観や話している内容に対して興味を持ってくれる人がいる会社を選んでもらえたらいいなと思っています。

一般会員(無料)に参加して
吃音克服の体験談プレゼント

    迷惑メール対策により、フリーメールや携帯電話のメールアドレスには当サイトからのメールが届かない場合がございます。 info@npo-scw.orgからのメールを受信できるよう受信許可設定をお願いいたします。

    日本吃音協会(SCW)

    吃音への認知・理解はいまだに不足しており、 吃音を持つ人のなかには
    「自分の人生は素晴らしい。幸せだ。」 と思えない人も少なくありません。
    私たちは、SCW (Stuttering Change The World =吃音が世界を変える)を
    活動スローガンとしてその輪を広げることで、言葉の病気に対しての理解が不足している 社会を変え、吃音を持つ仲間が 幸せに生きることができる 社会をつくっていきます。
    *当事業の売上はすべて吃音啓発活動や社会貢献活動に使われます。

    記事一覧

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。